語り合い、想いを創り、共に生きる

社会福祉法人はるのコンセプトです。

理念


「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

自分らしく生きるために


1994年、「経済的に自立したい」と願う精神障がい者のニーズを受けて、パイ焼き窯が誕生しました。7年後の2001年、より確実な就労支援を目指して〈社会福祉法人はる〉が、多くの賛同者の協力を得ながら誕生しました。
この資源を、障害を持つ多くの方々に上手く活用して頂きたいのです。

私たちは、障害(精神等)のある人が、働くことによって経済的自立を目指し、障害とうまく付き合いながら健康と自信を回復し、就職やあたりまえの暮らしを目指すことをサポートします。
障害を持ちながら社会で自立生活を営むためには、周りの人々とつながり・語り合い、自分の持っている能力や感性を発見し・育て、自分に合う仕事に就いて収入を得て、「これが私らしい生き方」と自身と誇りを持てる事が大切です。

働くことで得られること

  • 法人の目的

    法人の目的

    精神障害やその他さまざまないきづらさを抱えた人が、地域の中で経済的自立を目指し、健康を大切にし、障害とうまく付き合いながら社会人として暮らして行く為のサポートを行います。

  • 理念

    理念:語る、創る、暮らす…ハタ楽

    「語る」「創る」「暮らす」を基本に私たちは、働くことを通じて自己の誇りと自分らしい人生を取り戻し、周囲(ハタ)の人と共に楽しく生きることを実践し、障害の有無を越えて生きる楽しさを共有できる社会や地域づくりを目指します。

  • 法人概要

    法人概要

    【名称】社会福祉法人 はる
    【代表】鹿島 法博
    【設立】2001年7月24日創設
    【所在地】(地図)
    〒158-0082
    東京都世田谷区等々力2-36-2-201
    【連絡先】
     業務執行理事:青山 貴

平成29年度 現況報告書・計算書類等

平成29年度 現況報告書・計算書類等

【現況報告書】現況報告書を表示する。


【計算書類等】計算書類等を表示する。


平成28年度 現況報告書・計算書類等

【現況報告書】現況報告書を表示する。

【計算書類等】計算書類等を表示する。


 平成27年度          平成26年度          平成25年度

 現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。  現況報告書を表示する。

 事業リストを表示する。  事業リストを表示する。  事業リストを表示する。

 総括表を表示する。    総括表を表示する。    総括表を表示する。

 財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。   財務諸表を表示する。


定款・役員等報酬規定

【定款】定款20180328認可29福保指指第1062号を表示する。


【役員等報酬規程】役員及び評議員の報酬等並びに費用弁償に関する規定を表示する。


2018年(平成30年6月)挨拶

【鹿島法博 理事長】

 理事長に就任して、1年が経過しました。本当にアッと言う間でした。最近は、季節の感覚もないくらいです。しかし、この梅雨時期だけはなんだか涼しい日が続き、汗っかきの私が例年に比べ汗の量が少ない事に気付いてもいます。
 先ずは、2017年度の報告から行います。各事業所の計画は、ある程度予定通り行われ実績も残すことが出来ました。法人全体で、約800万円の利益を計上できました。しかし、3年に一度行われる報酬改定が、今年4月に行われました。この報酬改定は、2018年度の給付費(利用者が一日利用して入るお金で、通常は運営費に充てられます。)に大きな打撃を与えそうです。今まで積み上げてきた支援の実績ではなく、成功報酬になったことが大きな特徴です。1つは、利用者への工賃(給与)の支給額や就職者数の率、そして作業に従事する時間数などに沢山の段階が付いたことが特徴です。この加算方式は、重度の方の利用や一定時間以上働けない利用者の受け入れを拒否する事業所が出てくる可能性があります。障害があり思い通りにいかないから訓練する場所であったり、一般企業でうまくいかないから支援があって働ける場所なのに、本来の福祉にあってはならないことでもあります。現在調査中ですが、全国の7割以上の事業所の収入が減ると言われています。収入が減ることで、運営に支障が出たり、人件費カットでこころざしがある職員でも働き続ける事が出来ないことになってしまいます。この制度については、5月に国会請願運動として、衆議院会館と参議院会館へ各議員を訪問し訴えてきました。毎年1~2名の利用者と参加して、今回も利用者に困っていることや変えて欲しいことをしっかり訴えて頂きました。このような地道な活動も大切で、毎年100万筆を超える署名が集まっています。
 次のトピックスは、「夜明け前」と言う映画の紹介です。欧州留学から帰り東京大学医学部精神科の教授として、異例の社会的な取組を進めた先達者あり、「精神病者私宅監置」の実態調査から、精神病者に治療と福祉の光をあてようとしたのです。日本の精神病者の実態から「我が国十何万の精神病者は実にこの病を受けたる不幸の外に、この国に生まれたるの不幸を重ねるものというべし。精神病者の救済・保護は実に人道問題にして、我が国目下の急務と謂はざるべからず」と言う言葉を残されました。この言葉を残して、100年に当たる今年は、精神に障害のある人にとって飛躍する年でもあります。昨年から、厚労省や各団体で精神についての調査やアンケートが活発化しており、法定雇用率にも入ってきています。この数年内に再度法定雇用率が引き上げになることも約束されています。この数年が精神に障害がある人にとっての制度改革や他障害との格差の改正をしていくきっかけになる年あると思ってます。障害があってもなくても「この国に生まれて良かった」と思えるような国になるよう、みんなで取り組んでいきましょう。

【青山貴 業務執行理事】

 時が経つのは本当に早いもので、つい先日、法人新年会で全事業所が一堂に会し、それぞれ思いのこもった発表を行ったと思っていたら、あっという間に新年度がスタートして、そして約3か月が経とうとしています。
 新年会での発表では、事業所の紹介とともに2018年の抱負も含めながら語ってもらいました。各所趣向を凝らした内容は日頃お世話になっている評議員の方やサポーターズの方、家族会の方、各関係機関の方にもぜひ見ていただきたかったところです。来年はどうぞよろしくお願い致します。
 その生き生きとした皆さんの活動は、その後の事業報告を通しても、また毎月行われている事業所連絡会(各事業所の情報共有の会議)においても確認でき、うれしく思っています。働く場では窯、茶房、しごともがそれぞれの力を発揮しています。暮らす場ではGHでの癒しの取り入れは魅了的です。
 報酬改定があった中で、法人としては今一度しっかりと組織の基盤を固めていきたいと思います。
組織で大切なことは、以下の3点です。
  •共通の目的をもっていること(組織目的)
  •お互いに協力する意思をもっていること(貢献意欲)
  •円滑なコミュニケーションが取れること(情報共有)
これを押さえながら、利用者の働く場創り、職員の労働環境の整備(多様な働き方)等に取り組んでいきます。
 ベイブレードという現代版のベーゴマ的な遊びがあります。パーツの特徴を活かしながら、それらを組み合わせることにより独自のコマを創りだすことができ、無限大の可能性も生まれ、それが魅力の一つでもあるようです。相手により有効なパーツも出てきます。状況に応じて、お互いの特徴や力を組合わせて強く回ることを目指していくことは組織創りにもつながります。
 先日、公園でベイブレード遊びをしていた少年が「コマとコマがぶつかり合うと、お互いの力が弱くなるんだね」と言っていました。
 何気ない一言ですが、とても強く心に残っています。一番に考えなければならないことは、法人はるの利用者であり、そして職員です。強いコマのように回り続けられるよう、法人が一丸となって進んでいきたいと思います。



役員紹介

平成30年1月現在

【役員一覧】


理事長

業務執行理事

理事
鹿島 法博

青山 貴

伊藤 敏明
氏家 憲章
井上 義
西谷 久美子
臼井 崇晃
評議員






江澤 宏之
丸山 牧夫
石田 由美子
本間 真一郎
萩原 実
渡部 淳
森山 兼一
湯田 正樹
監事
西海 洋一
目黒 さとみ

管理者紹介

 

【管理者一覧】


業務執行理事

事務局長
青山 貴

野村 伸博
パイ焼き窯

パイ焼き茶房

しごとも

グループホーム

はるの相談室
青山 貴

鹿島 法博

臼井 崇晃

小松原 真奈美

西谷 久美子

ページ先頭

ホーム | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

© 2001-2016 社会福祉法人はる. All Right Reserved